どうしたらいい?借金Q&A

債務整理の3つの方法

便利なサービスである反面


カードローンやキャッシングなどの個人向けの少額融資は、保証人や担保などが必要なく、計画的に使えば非常に便利なサービスです。
比較的若い年齢層を中心に利用者を増やしていますが、収支のバランスを取ることが出来ずに借金がどんどん膨らんで行き、借金を返すために別の金融業者から借金をするという多重債務に陥るケースも増えています。
債務整理とは、多重債務などによって生活が立ち行かなくなった場合に、支払い可能な額にまで借金を減額、あるいは免除してもらう方法です。

依頼した時点で支払いはストップする


債務整理の方法はいくつかありますが、よく利用されているのは、任意整理、個人再生、自己破産でしょう。
それぞれ一長一短があるため、借金の額や返済能力などから考慮し、どの方法が最も適しているかを見極める必要があります。
弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼し、債権者側と交渉してもらうことになりますが、依頼した時点で借金の取り立てや支払いはストップさせることが出来ますので、借金問題で悩んでいるなら、早めに相談をしてみた方が良いでしょう。

任意整理と個人再生


債務整理の方法の中では比較的簡単な手続きで行えるのが、任意整理です。
この先の金利や遅延損害金を全てカットする手続きで、債権者側と弁護士が直接交渉します。
複数の業者から借金をしている場合、その中からひとつだけを選んで整理することも可能で、裁判所への申し立ても出頭も必要ありません。
個人再生は、住宅などの資産を保有したまま、借金を約5分の1程度にまで減額し、それを原則3年で返済していくという方法です。
ただし、住宅ローンは対象外となります。

究極の債務整理


自己破産は、借金の支払いが全く不可能であると認められた場合に取られる手段です。
全ての借金をカットできる究極の債務整理と言えますが、デメリットも大きく、住宅や車をはじめとする財産は処分され、債権者たちに分配されますし、士業や警備員などの一部の職業は、免責が認められるまで資格が制限されてしまいます。
これらの債務整理を行った事実は、信用情報機関に登録されますので、5〜7年間は新たに借金をすることも、クレジットカードを作ることは出来ません。
よく考えて手続きを行うことが重要です。